In order to remove the review, please report on the original platform as well!
長谷川淨潤
長谷川淨潤
2020.03.16
前園先生、この度は本当にありがとうございました。 何より、一件落着したことが一番大きな感謝ですが、 今思うと、それ以外にも幾つかの大きな感謝があります。 私の場合、先方の弁護士から数日後に支払うように、という文書が送られてきたのですが、 そういうことが初めてだったためもあり、本当に怯えてしまいました。 そのため急ぎ知人に連絡し、前園先生を紹介して頂きました。 翌日、前園先生と連絡がとれました。 先生のお声を聞いた途端、 まさに地獄の中に、蜘蛛の糸が下ろされた感じでした。 (大げさではなく) その後、前園先生が迅速にご対応してくださり、 その蜘蛛の糸は、太い確かな糸になっていきました。 (これは少しおおげさですが、南浦和は私にとっての聖地の一つとなりました。 しかし、先生が与えてくださった 『安心感』と、 『迅速なご対応』には、本当に心から感謝しております) 実際にお会いできた時には、 お会いした瞬間に、ほっとしました。 そして蜘蛛の糸にしがみつかなくても良くなりました。 この糸は確かにあると思いました。 具体的にいえば、先生の『優しさ』と、『度量の大きさ』でしょうか。 一言でいえば、『包容力』でしょうか。 そして、話合いを進めるに、的確なご提案をいただきました。 先生にとっては当たり前のことなのでしょうが、お話されることの背後にある確固たる倫理立処というか、法的立処というのでしょうか、 それがひしひしと伝わってきました。 いえ、それだけではないと思います。 先生のご提案は、先生ご自身の多大な『経験値』のなせるわざと感じました。 そして、 とにかく私(クライアント)を援助したい、という、 上記「優しさ」とかぶりますが、 その情熱に打たれ、さらなる安心感を得ることができました。 (たとえば、今思い出すに、最後の見送りの仕方にまで一貫として、 先生の想い、立処があるように感じられます。 私事になりますが、私も援助職なので、先生にあやかり、更に真剣に相手の方に向き合っていこうと思いました) 先生とお会いしてからは、 ほんとうに、心丈夫になりました。 「ビクビクしないで生きられる」ということが、 どんなにか有難いことか。 以上、 『安心感』 『優しさ』 『包容力』 『度量』 『法的立処』 『経験値』など書きつらねましたが、 今思うと、先生の気さくな感じも私にとってありがたかったです。 (それは上記の「優しさ」にもつながっているものですが、先生の仕事上の感想というよりは、もっと先生ご自身の個性(リソース)としての感じられるものでして、 大変僣越ながら、 「あぁ、この件が終ったら、この方とぜひご一緒に飲みたい」など、他人と飲むのはあまり好きではない私をして思ってしまいました) その意味では『人間性』という言葉になりましょうか。 (その意味でも、自分自身の今後の仕事のあり方の鏡になりました) 先生とご縁を頂き、心から感謝をしております。 今回の件だけでなく、今述べたように、自分自身の仕事の上でも、 一人の人間としての在り方という上でも、学ばせて頂きました。 また、何かのトラブルがあった方にはぜひ先生をお薦めしたく思っております。 (先生にご迷惑がないことを祈りつつ…) 私自身のことでいえば、 変な表現なのですが、 先生にお世話になるようなことが無いようにしたく思うと共に、 ぜひ、またお会いしたく思っています。 最後に。 先生とお会いすると、 先生にお会いするようなことが、その後起きなくなる、(少なくとも、同様のケースは) ・・・そんな感覚が確信として訪れました。 先生、今回は本当にありがとうございました。 心から感謝申し上げます。

Email notifier

Reason

Comment